協議分割の進め方

遺産分割が上手く進まない方は是非、この協議分割の方法と、その手続きをご検討ください。
この協議分割の仕方によって、遺産分割がスムーズに進む場合があります。

"相続人同士のコミュニケーション不足"や"ちょっとした言葉のすれ違い"で、遺産分割がうまくいかないとすぐに 「弁護士だ、裁判だ」 という考えにいってしまう方が非常に多いのですが、まずは一旦心を落ち着かせて、相続手続きを進めることをお勧めします。
きちんとした手続を通せば、協議分割は大きく前進します。

協議分割の流れを確認しましょう

協議分割の流れ

上記のように、まずはきちんと相続手続きを進め、専門家に依頼して相続財産の全体像を掴んで、協議分割の申し入れを丁寧に進めることが、非常に重要です。

相続人みんなでこのプロセスを確認しながら、一歩一歩確実に進めることで、こじれた感情も、不足していたコミュニケーションも徐々に整えられてくることでしょう。

上記は国家資格者である行政書士が扱える、「相続人調査」「相続財産調査」「遺産目録の作成」という業務ですが、これによって多くのことが見えて来ます。

相続税の申告がある方などは、税理士に財産を確認してもらい、税金と固定資産税がいくら掛かるのかをそれぞれチェックしてから、遺産分割の素案をまとめることが賢明です。

なかなか手続きが見えてこないと、誰もが不安を掻き立てられてしまい、まわりが見えなくなりがちになります。まずは、手続きの全体像をしっかりと把握し筋道を確認していただくために、当センターの無料相談をご利用いただく事も非常に有効です。

相談会では、まず悩み事をしっかりとお伝え下さい。
ご相談いただいた方一人一人に合ったアドバイスをさせていただきます。
※職務領域がありますので、裁判業務などは弁護士の先生をご紹介させていただきます。

まずは、お気軽にお問合せください。