HOME > 遺産分割の方法|名古屋相続相談プラザ > 遺産分割が、兄弟同士で進まない

遺産分割 兄弟

遺産分割が、兄弟間で進まない場合

「遺産分割が、兄弟間で進まない」というケースも少なくないと思われます。

実際に正確な統計データを取った訳ではありませんが、ある相続に詳しいコンサルタントの先生の話では、兄弟間で遺産分割がこじれるのは遺産相続が起こっているうちの5~10%くらいだとの話もあります。

兄弟間ではなくても、親族間で遺産分割が進まないものも含めると、10%を超えることになるかもしれません。
兄弟間の遺産分割においてよくあるご相談やお困りごとは、下記の通りです。

  • 相続財産に関する情報(通帳(預金・貯金)や保険金など)を開示してもらえない
    被相続人(故人)の介護をしていた相続人が、通帳を管理しており、預貯金や保険金などの相続財産の全貌を開示してもらえない。このようなことは、兄弟や親族間で遺産相続がうまく進まない典型的なケースと言えます。こうしたケースにおいては介護や葬儀の費用以外に、介護をしていた相続人が私的に相続財産を使い込んでしまっている事も多く、そうした理由によって財産をオープンにしないことが多いようです。
  • 相続人の間で遺産相続に関する方針がまとまらない
    これも非常に多いケースです。相続財産調査をしっかりとしていないことが、方針がまとまらない原因の大半です。こうした場合、「これくらいは財産があるはずだ」とか「これくらいはあったに違いない」などの推測の域を出ない議論で時間だけが過ぎてしまいます。


どちらの場合でも、まず始めに検討していただきたい事は、財産調査です。

私たち法律家は、財産の大半は専門的な手続きを通じて調べあげることが出来ます

そして、上記のような場合のお手伝いとして、一番はじめにご支援させいただくのは、被相続人の方が
亡くなった日(相続開始の日)における、残高証明書を金融機関から取り寄せることによって、相続財産を
明確にし、話し合いのテーブルのうえに相続財産の総額を並べるお手伝いをさせていただきます。

話し合いによる協議分割でなんとか遺産分割をまとめたいと考えていらっしゃる方は、まずは無料相談に
お越しください。