HOME > 遺産分割の方法|名古屋相続相談プラザ > 未成年がいる場合の遺産分割

未成年者がいる場合の遺産分割

未成年者は遺産分割協議が出来ません。ですから、相続人に未成年者がいる場合には下記の2つの方法からどちらかを選択することになります。

  • 未成年者の代理人が遺産分割協議をする
  • 未成年者が成年に達するまで待ち、遺産分割協議をする

通常、未成年者の代理人は親ということになるのですが、親子揃って相続人となることは多く、このような場合、親と子供の利益が相反することになりますので、親が子供の代理人となって遺産分割をする事が出来ません。
これは子供の財産の権利を両親が脅かさないために、法律で決められていることです。

また、子供だけが相続人となる場合であっても、複数の子供を一人の親が代理することはできません。
複数の未成年者が相続人となる場合、未成年者一人ひとりに特別代理人を選任します。

特別代理人の選任は家庭裁判所へ申し立てます。