遺言のメリット

生前に遺言書を作成しておくことの利点について説明いたします。遺言を残すことは、相続人たちのトラブルを防ぐために大変有効な手段となります。
遺言の作成については、生前にきちんと把握しておきたいものです。
遺言書を作成しておくメリットは大きく2つあります。

1. 遺産分割協議

遺産分割協議が不要になる遺言がある場合を除き、原則として、亡くなった方の相続人が遺産相続に関して協議を行う必要があります。そしてこの協議が整ったのち、遺産分割が行われます。
遺産分割協議を完了させるためには相続人全員が足並みを揃えて進めることが必要で、これは相続人にとって大きな負担になります。

一人の相続人の不同意から、大きなもめ事に発展してしまうケースもあります。
残念ながら、「自分のところには、遺言書なんて大層なものは必要ないだろう」と安易に考え、遺言書を残さなかった場合にこそ、こういったもめ事が多くみられるのが実情です。

遺産相続は、自分の子供だけでなく、子の配偶者やその両親、または自分の兄弟やその関係者など、様々な人間関係が複雑に絡んできます。
自らの死後、残った財産を誰にどのように配分してほしいのか、自分の意思を明確に記しておけば、こうした遺産相続争いを防ぐことにつながります。
遺言書は、親族の全員の平穏を守る保険とも言えるでしょう。

2. 自分の好きなように財産を分けられる

自分の死後、意思通りの遺産分割をして欲しい場合、しっかりと遺言書を作成し、充分な生前対策を行う必要があります。
これがきちんと出来ていれば、大方は自分の思うとおりに財産を相続させることができます。

たとえば、

  • 「この人には、他の相続人よりも多めに相続をさせたい」
  • 「従業員の雇用を守るため、会社の事業承継の方針を明確にしておきたい」
  • 「配偶者である妻に、すべて相続させたい」
  • 「法定相続人以外の、お世話になった人に財産を譲りたい」

などがあげられます。ほかにも、「認知していない子を遺言により認知する」という身分行為も実現できます。これらは、大きなメリットであると言えるでしょう。

ただし、相続人の遺留分について考慮しておかないと、後にトラブルを引き起こすきっかけになってしまうこともあります。

遺言を書く場合は、あらゆる状況を想定し、専門家のアドバイスなどを得ながら書くことをお勧めいたします。
※相続紛争に関するご相談・アドバイスは、当事務所では対応しておりませんので、法律事務所または専門機関をご紹介させていただきます。